ミラクルトックスの副作用について5つの真相が気になる

ミラクルトックスの副作用について真相が5つあります。

使用後にチクチクしたり、かゆい、赤み、ブツブツ、肌荒れなどが
あると副作用のサインなのかとびっくりします。

実はチクチクしたり、かゆい、赤み、ブツブツ、肌荒れは
ミラクルトックスの副作用のサインではないことが多いです。

これは好転反応というもの。

ミラクルトックスを塗ると敏感肌でなく丈夫な肌質でも
当たり前に起こること。

こちらでは5つのサインが副作用ではない、という
理由をわかりやすくまとめてみました。

ミラクルトックスでチクチクする理由

ミラクルトックスを肌に塗るとチクチクします。

人によってはピリピリ感じます。

理由を知らないと肌に合わないから刺激が・・・・と思うでしょう。

チクチクは当たり前のことなので心配無用。

ミラクルトックスのクリームの中にはとても
小さい針が入ってるからです。

小さい針のことを【スピキュール】というのですが
原料は天然の海綿生物がもってるトゲ。

独自技術で加工してあります。

 

ミラクルトックスにはスピキュールが入ってるからチクチクする

海綿のトゲ(スピキュール)には目に見えない小さい穴が開いてます。

この穴にクリームの中の美容成分が入り込み角質層に導かれるのが、
他の化粧品ではできないマイクロニードル技術の特徴。

スピキュール1本はどのくらい小さいのかというと、0.2ミリくらいの
微小サイズなので肉眼ではまず見えないでしょう。

毛穴よりも小さいのですが、角層に入るときにチクチクという
刺激を感じることが多いです。

この刺激を感じることで副産物がもらえるのが
塗る針コスメのメリット。

ミラクルトックスのチクチクで肌の修復作業が始まる

チクチクを感じた肌はケガしたかも、と勘違いし
早く元に戻さなくちゃと修復作業を始めます。

修復されるときに古い角質を悩みと一緒に外へ排出し
新しい皮膚を早く表面に出してくれます。

そのスピードは普通なら1か月かかるところをうまくいけば3~4日に短縮。

年齢が高くなると通常1か月かかる修復作業が、もっと長くかかるように・・・・・

年齢+30日かかるので40歳なら40+30=70日の
2倍以上になって遅くなっていきます。

遅くなればなるほど古い角質や悩みがどんどんたまっていくので大変。

ミラクルトックスのチクチクする針が遅くなった修復作業を
スピードアップさせることがわかると、
やみつきになっていく人が続出してます。

 

何度もリピ購入する人の中にはチクチクするほど、
効果を期待できてうれしくなるという口コミが投稿されてますよ。

逆にミラクルトックスの偽物を買ってチクチクしなかった、
というクチコミもあるのでチクチクは本物で正規品という
確認にもなりますね。

 

ミラクルトックスがかゆい理由

 

塗った翌日や2日目に「かゆい」と感じることがあります。

人によってはムズムズします。

普通のスキンケアなら、かゆみは副作用のサインということがありますが、
ミラクルトックスではかゆいのはよくあること。

理由は角質層で修復作業がスタートしたからです。

修復作業が始まると一時的に内部の水分が少なくなり
乾いてムズムズしたかゆみを感じることもあります。

かゆみやムズムズが気になるときは化粧水などで
水分を補充してあげましょう。

いずれにしても古い角質を表面に押し上げて剥がそうとする
作業を短期間で行うために起こること。

ケガをしてキズが治っていく段階でかゆくなることがありますよね。

基本的には3~4日すると、かゆみは落ち着いてきます。

ミラクルトックスで赤みが出る理由

塗って1~2日くらいは肌に赤みが出たり、火照ることがあります。

わずか0.2ミリの針が約10,000本以上も皮膚に入るからしょうがないです。

サイズは蚊の針と同じくらいなので1本だと問題ないですが、
10,000匹に刺されると顔全体が赤くなるはず。

赤い時は外出するとき気になります。

ミラクルトックスを使う時は休日前にやることをおすすめします。

赤みや火照りが気になるときは保冷パックやぬらして
冷たく冷やしたタオルなどを当ててください。

ミラクルトックスでブツブツが出る理由

個人差がありますが、塗ったあとブツブツがでることがあります。

吹き出物やニキビがでることもあります。

ブツブツが出ると普通のスキンケアなら副作用ですが、
ミラクルトックスの場合はよくあることです。

針が入ることで角層のなかで潜んでた悪いものが目覚めて
表面に出てきたからです。

悪いものは早く出した方がいいですから無理に出さないようにする
必要はありません。

翌日からメイクができるので外出などで気になる時は
ファンデーションなどでメイクして目立たないように隠しましょう。

ミラクルトックスで肌荒れが起こる理由

2~3日するとモロモロがでたり皮むけなど肌荒れが起こることがあります。

特に皮膚がめくれると驚きますよね。

これは古い角質が表面で押し上げられ外へ排出されてる証拠です。

通常なら1か月以上かけて、ゆっくりと古い角質が剥がれるので
モロモロや皮むけも目立ちません。

角質がわずか3~4日で剥がれるから目立つだけ。

 

皮むけで皮膚はめくれた場合は無理やり剥がさないように注意。

洗顔も優しくがポイントです。

3~4日すると落ち着いてきて新しい肌が顔を見せてくれるので
びっくりしなくても大丈夫です。

リピーターの中には皮むけがあると喜ぶ人がいるほどです。

でも絶対にモロモロが出たり皮むけする、ということはなく、
肌の状態や年齢、悩みのレベルで個人差があります。

皮むけがなかった・・・とがっかりしないでくださいね。

ミラクルトックスの副作用まとめ

ミラクルトックスを使うことでチクチク、かゆい、赤味、ブツブツ、肌荒れなど
5つのサインが起こった場合、基本的に好転反応と言われる良くなる前の反応で
ミラクルトックスの副作用ではありません。

落ちついてそれぞれの反応にあった対応をしましょう。

好転反応が起こらないからと言って、効果なしということもないです。

それでも肌質や体調によっての副作用が起こる場合はゼロではないので、
目立たないところでパッチテストをすることを忘れないでください。

万が一、かゆみ、赤み、ブツブツ、肌荒れが長引くようなら使用を中止し、
かかりつけのドクターに相談しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました